このページの本文へ

迎賓館赤坂離宮について About the State Guest House, Akasaka Palace

迎賓館赤坂離宮及び和風別館「游心亭」の様々な見どころのコラージュ写真

世界各国の国王、大統領などをお迎えし、外交活動の華やかな舞台となる迎賓館

迎賓館赤坂離宮は、明治42年に東宮御所として建設された、日本では唯一のネオ・バロック様式による宮殿建築物です。
当時の日本の建築、美術、工芸界の総力を結集した建築物であり、明治期の本格的な近代洋風建築の到達点を示しています。
第2次世界大戦の後、10数年を経て日本が国際社会へ復帰し、外国からの賓客を迎えることが多くなったため、国の迎賓施設へと大規模な改修を施し、和風別館の新設と合わせて昭和49年に現在の迎賓館として新たな歩みを始め、現在に至っています。
その後、平成21年に行われた大規模改修工事の後には、日本の建築を代表するものの一つして、国宝に指定されました。
これまで多くの国王、大統領、首相などをお迎えしたほか、主要国首脳会議などの国際会議の場としても使用されています。

施設概要

所在地
東京都港区元赤坂2-1-1
敷地面積
約12万平方メートル
本館構造
鉄骨補強煉瓦石造、地上2階(地下1階)
延床面積
約1万5000平方メートル