このページの本文へ

和風別館 Japanese Style Annex, Yushintei

和風別館「游心亭」の外観写真。芝生の中に小径があり、和風別館に続きます。池の向こうには切妻屋根の平屋の和風別館が見えます。

和のこころでおもてなし

和風別館「游心亭」は、東宮御所などの設計で知られる建築家、谷口吉郎氏の設計により昭和49年(1974年)に建設されました。 迎賓館本館で執り行われる行事や接遇が洋式であるのに対し、和風の意匠と純日本のおもてなしで諸外国の賓客をお迎えするための施設として利用されます。 日本の「家」と「庭」が持つ美しい特性を感じていただくとともに、お茶・お花・和食などにより、「和」のおもてなしを提供しています。

見どころのご紹介

和風別館の坪庭の写真。真っ白の小砂利が全面に敷き詰められ、中央には貴船石が3つ配置されています。その奥には孟宗竹が植えられています。

正面玄関と渡り廊の坪庭

正面玄関の左脇にかけられた銅製の外灯には、五七の桐の御紋章がついています。玄関から続く渡り廊の右手の坪庭は、孟宗竹が植栽され、京都の白川砂や貴船石が風趣を高めています。

和風別館の主和室の写真。畳の広間に掘りごたつ式のテーブルがあり、奥に漆黒の床の間が見えます。

和会食のほか、着物や生花の観賞の場としても

主和室はは47帖の畳敷きの広間で、賓客を和食でおもてなしする際は、中央の落とし床を活用してテーブルを堀こたつ式にすることができます。また、テーブルは床下に収納でき、全面を畳敷きとすることで着物や生花の鑑賞、日本舞踊なども催されます。

和風別館の茶室の写真。四畳半の畳席のほか壁側には椅子席が設けられています。奥の床の間には掛軸が掛けられています。

お茶のおもてなし

茶室奥の床の間には、大徳寺管長の揮毫による掛け軸がかけられています。その前に四畳半の畳席があり、お茶をたてるところを賓客が観賞したり、茶の接待を受けることができます。

和風別館の即席料理室の写真。カウンター席が設けられています。室内の柱や梁は粗削りの栗材が使われ、天井には竹の簀の子が張られており、民家風の構えとなっています。

即席料理室

カウンター席があり、親密な雰囲気の中で「天ぷら」や「すし」などで賓客をもてなします。

和風庭園の池の錦鯉の写真。赤、白、金色など色鮮やかな錦鯉が優雅に泳いでいます。

錦鯉

広縁の足元には池が広がり、錦鯉が泳ぐのを見ることができます。

天井に映る「ゆらぎ」の写真。主和室から戸外を眺めると、池に差し込んだ太陽の光が広縁の天井に水の「ゆらぎ」が投影されます。

天井に映る「ゆらぎ」

池に太陽の光が差し込むと廊下の天井に水の「ゆらぎ」が投影され、日本的な趣を演出します。

和風別館の盆栽の写真。五葉松や黒松などの盆栽が大切に育てられています。

盆栽

樹齢140年を超える黒松や五葉松などがあります。

参観ご希望の方へ

和風別館は事前予約(ガイドツアー)のみ受付しています。