当サイトを使用することにより、クッキーの設定および使用に同意したことになります。 詳細については、プライバシーポリシー別ウィンドウを参照してください。

このページの本文へ

京都迎賓館について About the Kyoto State Guest House

京都迎賓館の様々な見どころのコラージュ写真

日本の伝統技能の粋を集めた最高のおもてなしの場

京都迎賓館は日本の歴史、文化を象徴する都市・京都で、海外からの賓客を心をこめてお迎えし、
日本への理解と友好を深めていただく施設として平成17年に建設されました。
歴史的景観や周辺の自然環境との調和を図るため、日本の伝統的な住居である入母屋(いりもや)屋根と数寄屋(すきや)造りの外観とし、
品格のある和風の佇まいを創出しています。
建物や調度品には、数寄屋大工、左官、作庭、截金(きりかね)、西陣織や蒔絵(まきえ)、
漆など、数多くの京都を代表する伝統技能において匠の技を用いています。

施設概要

所在地
京都府京都市上京区京都御苑23
敷地面積
約2万140平方メートル
本館構造
鉄筋コンクリート造、地上1階(地下1階)
延床面積
約1万6000平方メートル

これまでの歩み

平成2年(1990年)

平成6年が平安建都1200年の節目に当たることを記念し、京都に和風の迎賓施設を建設する機運が盛り上がる。

平成6年(1994年)10月

「迎賓施設の建設について」閣議了解
京都御苑内に国の迎賓施設を建設することを決定

平成14年(2002年)3月

京都迎賓館建設(本体)工事に着手

平成17年(2005年)2月

建設工事竣工

平成17年(2005年)4月

京都迎賓館開館

京都迎賓館開館式典におけるテープカットの様子です。正面玄関をバックに、左から町田最高裁判所長官、河野衆議院議長、小泉総理、一番右に着物を着た扇参議院議長が並んでいます。4人の足元にはレッドカーペットが敷かれています。まさにテープにはさみが入れられようとしています。

平成28年(2016年)7月

京都迎賓館通年公開開始

京都迎賓館開館式典におけるテープカットの様子です。正面玄関をバックに、左から町田最高裁判所長官、河野衆議院議長、小泉総理、一番右に着物を着た扇参議院議長が並んでいます。4人の足元にはレッドカーペットが敷かれています。まさにテープにはさみが入れられようとしています。

参観概要

事前予約なし・当日受付でも参観いただけます。

政府インターネットテレビ