このページの本文へ

これまでの歩み History

明治42年(1909年)の創建時の迎賓館赤坂離宮本館北側の写真

1899~1909 明治32~42年

東宮御所として建設

明治の洋風建築技術の総決算

皇太子殿下(後の大正天皇)のご成婚を控え、洋風の東宮御所(皇太子殿下のお住まい)を新たに建設する気運が起こり、明治時代の洋風建築をリードした英国人ジョサイア・コンドル博士(工部大学校(現東京大学)の造家学科教授)の直弟子である片山東熊の総指揮の下、著名な学者、芸術家、技術者等が総動員されました。

明治42年(1909年)の創建時の迎賓館赤坂離宮本館南側の写真
明治42年(1909年)の創建時の迎賓館赤坂離宮の正門の写真。当時の正門は現在と異なり黒色でした。

1923~28 大正12~昭和3年

摂政宮殿下(後の昭和天皇)の住居

1923 大正12年

関東大震災

1945~46 昭和20~21年

皇太子殿下(今上陛下)の住居

戦後、裁判官弾劾裁判所として使われていた当時の彩鸞の間の写真

1948 昭和23年

皇室財産から行政財産へ、庁舎としての使用

第二次世界大戦後、建物と敷地は国へ移管

戦後、皇室財産であった赤坂離宮の建物とその敷地は、国へ移管されました。 国立国会図書館(1948~61年)、法務庁法制意見局(1948~60年)、裁判官弾劾裁判所、同訴追委員会(1948~70年)、法務省訟務局(1948~61年)憲法調査会(1956~60年)、東京オリンピック組織委員会(1961~65年)、臨時行政調査会(1961~64年)に使用されました。

戦後、裁判官弾劾裁判所として使われていた当時の彩鸞の間の写真
昭和43年から着工された迎賓館赤坂離宮の改修工事の外観写真。大きなクレーンが見えます。
昭和43年に着工した迎賓館赤坂離宮の改修工事の様子。屋根に工事職人があがり、屋根の葺き替えの作業を行っています。
昭和43年に着工した迎賓館赤坂離宮の改修工事の写真。朝日の間の天井絵画を修復するため、天井近くまで組まれた足場ステージの上では、多くの人が椅子に座って天井を見上げながら作業を行っています。

1968 昭和43年

赤坂離宮を改修して迎賓館に

閣議決定を経て、大規模改修工事がスタート

戦後十数年たって国際関係が緊密化し、外国の賓客を迎える機会が多くなり、国の迎賓施設を整備する方針が立てられ、赤坂離宮を迎賓館に充てることとされました。 赤坂離宮を迎賓館へ改修するに当たっては、文化財的価値を保存しつつ、賓客が快適かつ安全に宿泊でき、かつ、公式行事が行えることなどを基本方針とし、本館の改修を日本芸術院会員の建築家・村野藤吾に、日本風の接遇を行うための別館の新設を同じく日本芸術院会員の建築家・谷口吉郎に設計を依頼しました。

1974 昭和49年

迎賓館として開館

大規模改修を竣工、迎賓館として開館

1968年に開始された改修工事は、6年後の1974年3月に完了し、迎賓館として新たに開館しました。

2006~2008 平成18~20年

平成の大改修

給排水管、情報関係設備、耐震補強のため3箇年計画で改修工事を実施しました。

2009 平成21年

国宝指定

創建100年後の2009年に国宝に指定

創建当時の建造物である旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)本館、車寄及び階段附属、正門・塀、東西衛舎、主庭噴水池、主庭階段が国宝に指定されました。

2016 平成28年

通年一般公開を開始

参観ご希望の方へ