当サイトを使用することにより、クッキーの設定および使用に同意したことになります。 詳細については、プライバシーポリシー別ウィンドウを参照してください。

このページの本文へ

お知らせ What's New

鯉の餌やり付和風別館ガイドツアーを実施します

  • 参観
  • 2020年09月16日

 和風別館については、各部屋をガイドの案内によりご覧いただくガイドツアーを実施しておりますが、この度、通常の和風別館ガイドツアーに、賓客と同様に和風別館の広縁からの鯉の餌やり体験を加えた和風別館ガイドツアーを予約制で実施します。
 是非、この機会にお誘い合わせの上、迎賓館をご参観ください。
※本館を参観するコースもご用意しております。


次の該当者は参観をすることが出来ませんのでご了承願います。
– 咳や発熱など風邪の症状、息苦しさや強いだるさなどがある方。
– マスクの着用をされていない方。
– 過去2週間以内に海外・感染が引き続き拡大している地域への訪問歴がある方。

来館にあたっては、以下についてご協力願います。
– 受付付近にて検温を実施いたします。
– 手指の消毒のご協力をお願いします。
– 密にならないよう最低1m、できるだけ2mの距離を保ちながらご参観願います。
– 参観中の会話はなるべく控えていただくようお願いします。

※ 今後の情勢の変化に伴い、上記の取り扱いを変更する場合があり得ますので、ご注意下さい。
【注】この鯉の餌やり付和風別館ガイドツアーは、参観料金が通常の和風別館ガイドツアーと異なりますので、御注意ください。
【注】この鯉の餌やり付和風別館ガイドツアー開催期間中は、通常15時00分の回が英語ガイドツアーのところ、14時30分の回が英語ガイドツアーとなります。
【注】急遽接遇を行う場合には、予定されていた一般公開が中止になることがありますので、お出かけ前に必ず下記の当面の公開日程のカレンダーをご確認ください。 Twitterでもお知らせいたします。

鯉の餌やり付和風別館ガイドツアー

開催期間 令和2年10月1日(木)から10月13日(火)、10月22日(木)から11月3日(火・祝)※水曜日を除く
鯉の餌やり付和風別館ガイドツアーの時間 ①10時20分、②15時00分
所要時間は、和風別館・庭園が1時間から1時間30分程度、和風別館・本館・庭園が2時間から2時間30分程度 です。
参 観 料 【和風別館・庭園】
一般:2,500円、大学生:2,000円、中高生:1,000円※小学生以下はご参観いただけません。
【和風別館・本館・庭園】
一般:3,000円、大学生:2,500円、中高生:1,200円※小学生以下はご参観いただけません。
※参観料お支払い時に本館を参観するコースを選択していただくことが可能です。
※大学生、中高生は、生徒手帳、学生証をお持ちください。
※有効期間内の身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳又は被爆者健康手帳をお持ちの方と付添人(1名まで)は参観料金が免除となります。当日、ご提示ください。
※当館では現金のみ承ります。
参観方法 事前予約
(1)申込期間:令和2年9月17日(木)から順次事前予約を受け付けます。
(2)参観者の決定:申込期間終了後に抽選で決定し、申込期間終了翌日から当選者には電子メールにより参観証をお送りいたします。残念ながら抽選から漏れた方にも御連絡いたします。
申込期間終了後定員に達しなかった場合又はキャンセルが発生した場合は、先着順で参観者を決定いたします。(前日の正午まで)
※定員に余裕がある時間帯は、当日受付で参観できます。
(3)申込可能人数:1名から10名まで
※和風別館は建物が狭く車椅子の移動が困難なためご利用いただけません。
※受付付近にて、参観者の氏名と緊急連絡先を登録願います。登録いただいた情報は必要に応じて保健所等に提供する場合がありますので、ご了承願います。
(4)ツアー開始時間:10:20、15:00の2回
※ツアー開始時間の20分前までに迎賓館の西門から入場し、受付を済ませて下さい。
※和風別館参観者の集合場所への集合時間はツアー開始時間の5分前になります。
※西門から入場し、受付検査(手荷物、所持品等の検査)の後、有人窓口で入場券をお買い求めください。
(5)定員:各ツアー10名
(6)本館及び庭園の参観について、10:20の回の方は鯉の餌やり付和風別館参観後に、15:00の回の方は鯉の餌やり付和風別館参観前に行っていただきますようお願いいたします。
(7)鯉の餌やり時は和風別館の窓を開けて行うため、荒天の場合、濡れる可能性があります。
注意事項 ○国公賓等の接遇その他迎賓館の運営上の都合により中止となる場合があります。その場合は、速やかにHP等で公表します。
○入場時に金属探知器による身体検査及び手荷物検査を実施します。
〇館内の写真撮影はできません。外観の写真撮影は可能ですが、業務用大型カメラ及び三脚・脚立・自撮棒等の撮影補助機材の持ち込みはできません。
○その他、詳しくは館内での禁止事項、注意事項等のページで御確認ください。