当サイトを使用することにより、クッキーの設定および使用に同意したことになります。 詳細については、プライバシーポリシー別ウィンドウを参照してください。

このページの本文へ

お知らせ What's New

七宝焼の作品解説会~七宝焼の最高傑作で巡る四季折々の花と鳥~を開催します
【開催日:2021年12月14日(火)、2022年1月13日(木)、21日(金)】

  • 参観
  • 2021年12月27日

本館「花鳥の間」のシオジ材の壁板にはめ込まれた30枚の七宝焼は、日本画家の渡辺省亭(1851~1918)が下絵を描き、濤川惣助(1847~1910:帝室技芸員)が焼成したもので、日本画特有の濃淡やぼかしの表現技法が見事に再現されており、七宝焼の最高傑作と謳われています。
当館では本年4月から7月にかけて、東京藝術大学大学美術館等で開催された「渡辺省亭展」とのコラボ企画として、「花鳥の間」において七宝焼の作品解説会を開催し、好評のうちに終了しました。
今回の解説会は、前回よりも個々の作品に焦点を当てた内容となっておりますので、ぜひご参加ください。
※新型コロナウイルスの感染状況によっては、解説会の開催を中止させていただく場合があります。

 

 

七宝焼の作品解説会~七宝焼の最高傑作で巡る四季折々の花と鳥~

開催日程 2021年12月14日(火)、2022年1月13日(木)、21日(金)
17:00~18:00(解説会は40分程度。その後、18:00まで自由鑑賞)
講師 古田 亮(東京藝術大学大学美術館教授):12月14日(火)、1月13日(木)
※主に渡辺省亭の下絵に関する解説をしていただきます。
黒川 廣子(東京藝術大学大学美術館教授/館長):1月21日(金)
※主に濤川惣助の七宝技術に関する解説をしていただきます。
参観料 【七宝焼解説会+本館・庭園
一般:3,000円、大学生:2,500円、中高生:1,200円、小学生:無料
【七宝焼解説会+和風別館・本館・庭園
一般:3,500円、大学生:3,000円、中高生:1,400円
【七宝焼解説会+和風別館・庭園
一般:3,000円、大学生:2,500円、中高生:1,200円
【七宝焼解説会+庭園
一般:1,800円、大学生:1,500円、中高生:700円、小学生:無料

※未就学児は解説会にご参加いただけません。
※和風別館の参観をご希望の場合は、別途事前予約が必要となります(小学生以下はご参観いただけません)。
※大学生、中高生は、学生証もしくは生徒手帳をお持ちください。
※有効期間内の身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳又は被爆者健康手帳をお持ちの方と付添人(1名まで)は参観料が免除となります。当日、受付でご提示ください。

参観方法 ◆事前予約制【抽選】
一般公開申込システム」にアクセスし、必要事項を入力の上、お申し込みください。
(1)申込受付期間
12月14日(火)開催分:2021年11月27日(土)10:00~12月6日(月)23:00 ※開催済み
1月13日(木)開催分:2021年12月27日(月)10:00~2022年1月5日(水)23:00
1月21日(金)開催分:同上
(2)申込可能人数:各回4名まで
(3)定員:各回30名
(4)参観証の送付:申込受付期間終了日の翌日、メールにて当落をお知らせします。当選者には、メールにて参観証を送付します。参観証は受付時にご提示いただきますので失くさないようご注意ください。

※定員に満たなかった場合は参観前日の正午まで申込を受け付け、先着順により参観者を決定いたします。
※解説会当日、16:15の時点で予約に空きがある場合や当日キャンセルがあった場合、当日券を販売します。当日券をご希望の方は整理券を配布いたしますので、スタッフまでお声かけください。なお、整理券をお持ちの方でもご購入いただけない可能性があります。

※本館と庭園を参観される場合は16:00まで、庭園を参観される場合は16:15までにご来館ください(解説会後はご参観いただけません)。
※解説会開始時間の15分前(16:45)までに集合場所へお集まりください(集合場所については当日参観受付にてご案内いたします)。
※座席は当日抽選により決定いたします。なお、当日の参観者の状況により、座席の調整を行うことがあります。
※参観前に注意事項をご確認ください。