当サイトを使用することにより、クッキーの設定および使用に同意したことになります。 詳細については、プライバシーポリシー別ウィンドウを参照してください。

このページの本文へ

お知らせ What's New

4月2日「朝日の間」公開再開について

  • 参観
  • 2019年02月07日

迎賓館赤坂離宮本館の「朝日の間」については、2017年2月から天井絵画等の内装の改修のため閉室していましたが、2019年4月2日から一般公開を再開いたします。改修により鮮やかに蘇った天井絵画や金箔装飾等をご覧ください(「朝日の間」は、迎賓館赤坂離宮本館をご参観いただくと、ご覧いただけます)。


「朝日の間」の名前の由来となった天井絵画
「朝日の間」の名前の由来となった天井絵画
「朝日を背にして女神が馬車を走らせている姿」を描いたと言われています。
天井の木目に沿った線が浮き出るなど、劣化がみられるため修復しました。

緞通(だんつう)
緞通(だんつう)
緞通の桜は、天井絵画の中の桜の花びらが舞い散った様子を表しています。
改修を機に、約2年間かけ製作し、新設しました。